えっ! 香水をどこにつけるかで、性格診断ができる?

香水

有名ブランド・シャネルの創始者であるガブリエル・ココ・シャネルは、以下のようにいっています。

「若い女性に『香水はどこにつけたらいいのか』と聞かれたら、私は『キスされたいところにつけなさい』と答えます」

さすがに、香水の真髄(しんずい)を心得ているようです。
というのも、香水はコミュニケーション手段のひとつともいわれているからです。

自分の体臭と香りをミックスさせ、自分だけの香りをつくる。
これが香水の言葉であり、どこにつけるかがメッセージである、ということです。

だからなのでしょうか、”その人が香水をつけている場所によって、ある程度は性格が分かる”といわれています。

たとえば、次の通りです。

洋服につけている人-合理的で、男性とはマイペースでつき合うタイプ
体に直接つけている人-男性に従順なタイプか、アバンチュール期待派が多い。
体の中でも、特に耳につけている人-異性への関心が高い

ということですが、当たっているかどうか、女性の方は思い返してみてください。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*