口臭を上手に消し去るワザは?

デート

デートで、彼女に「口が臭いからキスはイヤ!」などといわれないために、口臭をうまくごまかすコツを、いくつか覚えておきましょう。

まず、ニンニクを食べたあとは、牛乳を飲みます。
すると、ニンニクの悪臭のものになっている物質が、牛乳内のタンパク質と結合し、臭いが消えます。
この場合、牛乳に黒砂糖やコーヒーなどを混ぜても効果があります。

さらに、ニンニクやネギなどの臭いは、濃いコーヒーやジャスミン茶などを飲むだけで消えるはずです。

ちなみに、口臭が気になる方は、彼女と一緒に焼肉などのニンニクを使った料理を一緒に食べると良いです。
これなら、彼女も自分も同じ臭いなので、口臭はまったく問題がなくなります。

さて、それでは、酒を飲んでクルマに乗ったり、上司の前に出る際にはどうしたら良いのでしょうか?

これには、ガムをかんだり、仁丹(じんたん)をかじったりするのが効きます。

もっとも、これは単に臭いを消すだけ。
臭いが消えたといっても、警察の風船テストは通りません。
「飲んだら乗るな」を守ることです。

なお、胃が悪くなると口臭がするといわれますが、これは、かなり病状の進んだ人のこと。
一般に、口臭の原因は、ほとんどすべてが歯と歯の間に食べ物のカスが溜まり、これが悪臭を放っていると考えて良いです。

なので、対策としては、こまめに歯を磨き、歯と歯茎(はぐき)、歯と歯のあいだの歯垢(しこう)を取り除けば、口臭は消えてなくなるはずです。

また、変わったやり方としては、食後、歯ブラシがない場合など、舌(した)の裏側を前歯の外側に当て、そのまま右に左にべろんべろんと大きく回転させ、すべての歯を数回から数十回ほどなめ回します。
このようにすると、唾液(だえき)が大量に分泌(ぶんぴつ)され、口の中が殺菌されて臭いが消えます。

ということで、今日は、公衆衛生につながる、口臭に関する講習でした。【><】

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*