「バッテラ」とは、もともと「舟」のことだった?

バッテラ

サバの押し寿司のことを、バッテラといいます。
バッテラの語源は、ポルトガル語で「小さな舟」です。

現在では、小舟のことをバッテラという人はいませんが、明治時代には、永井荷風(ながい かふう)の書いた小説「夏の町」に、

「その時分にはボオトの事をバッテラという人も多かった」

とあるように、小さな舟のことをバッテラといっていたのです。

バッテラをよく見ると、確かに舟のような形をしていることが分かります。
初めはこの寿司は、その形から「バッテラ形の寿司」また「バッテラ寿司」と呼ばれていたのですが、そのうちに「寿司」が取れて、単にバッテラと呼ばれるようになったのです。

そしてやがて、小船という意味のバッテラという言葉は死語になり、サバの押し寿司のバッテラだけが残ったというわけです。

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*