「ドングリ」はそもそも何の実?-「ドングリの木」というのは存在しない

ドングリ と落ち葉

「♪ドングリころころどんぶりこ~♪」

と、童謡でも歌われるドングリ。
公園などにもよく落ちているこのドングリですが、これはそもそも何の木の実なのでしょうか?

こう書くと、

「え?」

と驚かれる方がいらっしゃるかも知れませんが、実は「ドングリの木」というのは存在しません。

ドングリというのは、ブナ科の、特にカシ・ナラ・カシワなどコナラ属植物の果実の総称で、果皮(かひ)が硬く熟して、地面に落ちたものを「ドングリ」と呼んでいるのです。

これらの木から落ちたドングリは、いずれも非常に良く似ており、実際、ドングリを見てその落ちてきた樹種を正確に判別するのは容易ではありません。

ドングリ を食べるリス

このドングリの語源には諸説あります。
ひとつは、栗(くり)のようにおいしくはなく、なおかつそのままでは食べられないことから「鈍な栗=ドングリ」となったという説です。

その他には、ドングリは古くからコマとして利用されていたため、コマの古い名称である「つむぐり」から来たという説もあります。

 

This entry was posted in 語源・由来. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください