「ふしぎなメルモ」の最終回はどうなる?

手塚治虫(てづか おさむ)の少女漫画・「ふしぎなメルモ」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか?

ふしぎなメルモ
写真は、こちらからお借りしました。

これまでメルモを助けてきた、不思議な力のある赤と青のミラクルキャンディー。
食べると10歳若返る赤いキャンディーと、食べると10歳年をとる青いキャンディー。
天国のママからもらったこのキャンディーのお蔭(かげ)で、メルモは幼(おさな)い弟たちとともに、何とか暮らしてこれたのです。
しかし、そのキャンディーも、ついに、残り2つになってしまいました。

そこで、天国のママは、神様にキャンディーの補充(ほじゅう)を頼みます。
が、神様は、いつまでもキャンディーの力に頼るべきではないと告げます。
それを聞いたママは、それならば、せめてメルモにひと目会いたいと懇願(こんがん)するのですが…。

その頃、地上ではメルモたちの面倒(めんどう)をみてくれていたワレガラス博士が、チッチャイナ国への帰国を決意していました。
祖国で革命(かくめい)を起こした彼の親友が、博士に国の再建の手助けを頼んできたからです。
メルモたちを心配する博士は、彼女たちに一緒にチッチャイナ国へ来ないかと提案(ていあん)するのでした。

そんな中、メルモの同級生の二郎のパーティーが開かれます。
弟のトトオ、タッチとともに、メルモは二郎の家を訪れます。
が、パーティーの華やかさに気後(きおく)れし、メルモは途中で帰ろうとします。
すると、そんな彼女を、二郎の母親が呼びとめます。
そして、メルモたち兄弟は、二郎の父母から、この家で一緒に暮らそうと提案されます。

こうして、メルモ、トトオ、タッチの3人は、二郎の家に引き取られることになりました。

それから15年後、メルモは二郎と結婚し、女の子を出産。
彼女のもとには、ワレガラス博士からもお祝いの手紙が届きます。
一方、長い月日は経ったものの、あの残りの2つのキャンディーは、大切に保管されていました。

さらに1年後のある日、事件が起こります。
メルモがちょっと目を離した隙(すき)に、娘が箱の中のキャンディーを誤って食べてしまうのです。
慌(あわ)てふためくメルモ。
しかし、娘の身体(からだ)はみるみる大きくなると、メルモの母の姿となりました。

こうして、永久に別れたはずのメルモと母は、神様の計らいで1分間だけの再会を果たすのでした……。

「ふしぎなメルモ」のテレビ放送
11971年10月3日 – 1972年3月26日(全26話)

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*