かつてアメリカの大統領選で民主党が壊滅的大敗を喫したことがあった?-1984年に行なわれたレーガンvsモンデール戦

かつて、アメリカで行なわれた大統領選で、民主党が壊滅的大敗(かいめつてきたいはい)を喫(きっ)したことがあるのをご存じですか?

1984年のレーガンvsモンデール戦で、民主党が壊滅的大敗

1984年11月6日に行なわれたアメリカ合衆国大統領選挙(1984ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election of 1984)。
この選挙では、共和党(きょうわとう)現職のロナルド・レーガン大統領と民主党(みんしゅとう)のウォルター・モンデール候補の戦いとなりました。

レーガン大統領

モンデール候補

モンデール候補は、共和党・民主党通じて初の女性副大統領候補であるジェラルディン・フェラーロ(Ferraro)を擁(よう)して選挙戦を戦ったものの、ミネソタ州とワシントンD.C.の2州のみでの選挙人獲得にとどまり、壊滅的大敗(かいめつてきたいはい)を喫しました。

1984年アメリカ合衆国大統領選挙の詳細データ

この選挙の投票率は53.3パーセントで、レーガンとモンデールの獲得選挙人は、それぞれ525人と13人。
勝利地域は、レーガンがアメリカ全50州のうち49州、モンデールがミシガン州とワシントンD.Cの2州のみでした。

1984年アメリカ合衆国大統領選挙(United States presidential election, 1984)
投票率:53.3%
候補者:ロナルド・レーガン v ウォルター・モンデール
政党:共和党 vs 民主党
出身地域:カリフォルニア州 vs ミネソタ州
副大統領候補者:
ジョージ・H・W・ブッシュ vs ジェラルディン・フェラーロ
獲得選挙人: 525 vs 13
勝利地域数: 49 vs 1 + DC
得票数:54,455,472 vs 37,577,352
得票率:58.77% vs 40.56%

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/1984年アメリカ合衆国大統領選挙

おわりに

おおおーっ!(゚o゚)
しかしこれ、スゴいですねー。
まさに、前代未聞の選挙でしたね。(゚ロ゚) ギョェ!
モンデール氏、ひょっとしたら、名前がモンデールなだけに、「どうすればいいんだ!」と気を揉んでーるうちに負けてしまったのかもしれませんね。【><】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告