子供一覧

NORAD名物「サンタ追跡プログラム」は、少女からかかってきた間違い電話がきっかけだった?

NORAD(ノーラッド、=北米航空宇宙防衛司令部)が「サンタ追跡」を始めたのは、1955年に少女からかかってきた1本の間違い電話がきっかけでした。この年、通販企業シアーズ・ローバックが、新聞に「サンタと話そう」という広告を掲載しましたが、その番号に誤りがあったため、その電話は、なんと、NORADの前身機関CONAD(コーナッド、=中央防衛航空軍基地)につながってしまいました。そのとき、電話を取ったハリー・シャウプ大佐は、「サンタさん?」という子供の問いかけに、「レーダーによれば、サンタは今、北極から南極に向かったよ」と応えました。

キラキラネームの元祖は森鴎外だった?-鴎外が自分の子供につけた名前も紹介

一般常識とはおよそかけ離れた名前を、最近では「キラキラネーム」と呼んでいるようです。調べてみると、最初にこの「キラキラネーム」をつけた元祖は、明治の文豪・森鴎外だということが分かりました。それでは、彼が自分の5人の子供につけたその驚きの名前とは?

美術館で人気の輪ゴムとは?-2000万個以上を売り上げたアニマルラバーバンド

消しゴムやシールなど、意外なものが予想もしていないタイミングでブームになることがあります。2009年からアメリカの小中学生の間で流行(はや)っている、動物形の輪ゴム・「アニマルラバーバンド」もそのひとつです。この輪ゴムは、発売後30ヶ国以上の美術館や書店などで販売され、累計(るいけい)2000万個以上を売り上げたといいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告