報告一覧

戦国時代に敵陣でのんきに鷹狩りをしていて命を落とした武将がいた?

織田信長や豊臣秀吉に仕えた戦国武将・中川秀正(なかがわ ひでまさ、1569 - 1593)は、”油断”しすぎていて命を落としたことで知られています。秀正は、豊臣秀吉の命を受けて挑戦出兵しましたが、江原道水原城の戦いの合間に敵陣でのんきに鷹狩りをしていたところを、敵に囲まれて死亡してしまいました。享年(きょうねん)25歳でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告