2015年09月一覧

ダックスフントはもともとアナグマ用の猟犬だった?-交雑の歴史も紹介

ダックスは「アナグマ」、フントは「猟犬」。つまり、ダックスフントは、「アナグマ用の猟犬」という意味です。現在、ダックスフンドといえば、ミニチュアダックスフンドを意味しますが、これはもともとアナグマを獲ることを目的としていたスタンダードサイズのダックスフンドを、より小さいウサギなどの小動物を獲るために、小型化して作られたものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告