日本製のハーモニカとホイッスルが、世界中で愛用されているって本当?

ハーモニカを吹く オランウータンハーモニカを 吹く オランウータン
写真は、こちらからお借りしました。

小学校の教育用楽器として、使われることも多いハーモニカ。
高品位な日本製ハーモニカは、世界中のプロミュージシャンたちに愛用されています。

1917年から100年近くにわたり、ハーモニカを製造し続けているトンボ楽器製作所は、「メジャーボーイ」などのブランドで知られ、国内では長渕剛(ながぶち つよし)、コブクロなど、海外ではミック・ジャガー、ボン・ジョヴィなどが愛用しています。

また、鈴木楽器製作所のハーモニカは、かつてオバマ大統領が大統領選に臨(のぞ)んだ際の集会で、スティービー・ワンダーが演奏に使用したといいます。

他に、もともと北米向けにハーモニカを作っていた野田鶴声社(のだかくせいしゃ)は、ホイッスルの製造メーカーとして知られています。

同社のハーモニカは、FIFAワールドカップの1982年スペイン大会、1980年メキシコ大会で公式ホイッスルに採用されたほか、NATOやフランス国歌警察などにも納品しており、世界中でその音色と使いやすさが評価されています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*