ラガービールとドラフトビールの違いは?

ビール

ビールには、ラガービールとドラフトビールの2種類があります。

普通のビールをラガービール、生ビールをドラフトビールと思っている方も多いようですが、本当は、どういった違いがあるのでしょうか?

もともと、ラガーとは「貯蔵する」という意味です。
ビールは、一次発酵(はっこう)させたあと、熟成期間をおいて二次発酵させます。
ビールの糖分をアルコールに変えて、炭酸ガスを十分に含ませるためです。
この二次発酵をしていればラガーになるので、これを熱処理しようが生であろうが、ラガービールに変わりはありません。

一方、ドラフトというのは「引っ張り出す」という意味です。
こちらは、樽(たる)から注ぎ出すビールのことです。
ヨーロッパでは、熱処理をした樽詰めのビールのことを、ドラフトビールと呼んでいるようです。

なので、”本来の意味からすれば、ビンや缶に詰められたビールはドラフトビールではない”ということになります。

が最近では、缶ビールの商品にも「ドラフト」の文字が使われており、これらの意味は、あいまいになってきているようです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*