なんと! 世界で一番大きな発電機は地球だった?

地球 大きな発電機

磁石の間で導電体(どうでんたい)でつくったコイルを回転させてやると、電流が生まれる-発電の仕組みをひとことでいうと、こうなります。

実は私たちが住む地球は、この発電機と同じ仕組みをもつことが分かっています。

地球の内部、深さおよそ2900キロメートルから5120キロメートルまでの間は、ドロドロした流体(りゅうたい)です。
この流体の主な成分は鉄で、これが地球の内部を回転運動したり、対流運動したりすることによって、発電が行なわれているのです。

発電すると、そこには必ず磁場(じば)が生まれます。
そしてこれが、地球の磁場-地磁気(ちじき)-と呼ばれるものなのです。

地磁気
地磁気
写真は、こちらからお借りしました。

それでは、地球内部でつくられた電気は、どうなっているのでしょうか?

地球を取り巻く大気の上層(じょうそう)部には、電離層(でんりそう)があります。
地上からおよそ100キロメートルほどのところにある電離層のE層という部分は、電気を通すところなのですが、地球によって発電された電気はここに流れているということが、科学者によって観測されています。

私たちが、うっかり地面にさわっても、感電してしまうということがないのはこのためです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*