学者犬は、本当に計算ができる?

学者犬

「人間は考える葦(あし)である」といったのは17世紀の哲学者・パスカル(Blaise Pascal, 1623年-1662年)ですが、人間以外の動物が何も考えていないというわけではありません。
にもかかわらず、人間だけが文明をもっているのは、「人間には物事を抽象化(ちゅうしょうか)する力があるため」といわれています。

人間よりも猿の方が、木の実を採(と)ることに関しては上手ですが、自分で採った木の実を数えることはできません。
というのは、「数」は抽象的な概念(がいねん)だからです。
物事を抽象的に捉えることができるかどうか、これが人間とほかの動物の決定的な違いなのです。

さて、そこで問題となるのが、「学者犬(がくしゃいぬ)」の存在です。
学者犬とは、たまにテレビにも登場する計算のできる犬のことです。
犬には、数は数えられないはずで、数が数えられなければ、計算ができるわけがありません。
ところが、学者犬は計算ができるというのです。
これはいったい、どういうことなのでしょうか?

もちろん、これにはトリックがあります。
確かに、学者犬に「1+2」とか「2x5」といった計算を見せると、その答えの数字の書かれたカードをもってきます。
が、これは学者犬が計算しているのではありません。計算しているのはパートナーの人間なのです。

学者犬は、パートナーの表情やサインを見て、どのカードが「正解」のカードなのかを判断しているのです。
学者犬のパフォーマンスを見ていると、カードを選ぶ際、チラリチラリとパートナーの方を見ていることが分かるはずです。
学者犬は、パートナーからそれとなく送られるサインを確認しているのです。

ともあれ、そういったサインを理解できる学者犬の頭が良いことは確かです。
しかし、それでは計算ができるのかというと、これは別問題。やはり、犬には計算はできないのです。

それでも、人間が犬を仕込めば、このような芸当ができるということは驚きです。

 
Posted in 雑学 | Leave a comment

詐欺商法に何度も引っかかる人の共通点とは?

脳 思考法 能動的忘却
古くはネズミ講(ねずみこう)、最近でも振り込め詐欺(ふりこめさぎ)などの詐欺商法があとを絶ちませんが、こうした悪徳商法に引っかかる人は、実は過去にも同じような悪徳商法に引っかかったことのある人が多いといわれています。

つまり、性懲りもなくというわけですが、これは、何もその人がお人好しだとか、怠け者だとかというだけではありません。
心理学的にも、もっともな面があるのです。

人間はふつう、印象の薄いささいなことから忘れます。
しかしながら、たとえ印象が強烈なことであっても、自分にとって都合の悪いことは、率先(そっせん)して忘れるという面をももっています。

確かに、都合の悪いことをいつまでもずっと覚えていたら、そのストレスで参ってしまうでしょう。それも良く分かります。

心理学では、こうした心理を”能動的忘却(のうどうてきぼうきゃく)”と呼んでいますが、詐欺商法の被害にあったことが、「自分にとって都合の悪いこと」であるのは事実です。

そのため、コロリと忘れる。そして、また、同じような手口に引っかかる…。

かつて詐欺商法に引っかかったことのある人は、自分にはそういう資質(ししつ)があるということを肝に命じ、くれぐれもコロリと忘れないことです。

Posted in 雑学 | Leave a comment

食べ放題のお店で必ず元をとるコツは?

「ギョーザ10人前食べればタダ!」とか、「激辛カレーライス5皿平らげれば無料!」といったような、大食いコンテストを実施するお店はけっこうあります。

また、「ジンギスカン食べ放題、3000円!」などと、多く食べれば得というメニューを用意してあるお店もあります。

もしあなたが、このような大食いにチャレンジする場合には、どのような戦略で挑(いど)めば良いのでしょうか。

食べ放題

よく、朝食を抜いて、腹ペコにした状態で挑戦する方がいますが、これはあまりお勧めできません。
何故なら、人間の胃というものは、食べなければ縮んでしまうためで、このやり方ではすぐにお腹がいっぱいになってしまいます。
むしろ、軽めに朝食をとり、腹半分で挑戦したほうが良いです。

また、ゆっくりと食べるのも禁物です。満腹感を感じたら、食は進まなくなります。むしろ、早食いで満腹感がくる前に、お腹に詰め込んでしまうのが効果的です。

なお、激辛ものに挑戦するときは、決して水を飲まないのもコツです。
何故なら、水を飲めばそれだけお腹がふくれる上に、ますますのどが渇いてしまうからです。

ステーキなど脂っぽいものに挑戦するときは、あらかじめ赤ワインを少し飲んでおくのも良いです。
これは、アルコールには胃液の分泌を良くし、食欲増進と消化促進効果があるためです。

実際、食前酒という習慣もあり、食事前の少量の酒は大食いへの近道なのです。

Posted in お役立ち情報 | Leave a comment

アリは、人工甘味料に群がらない?

アリ

人工甘味料には、いろいろな種類がありますが、実は、アリにとっては全部甘くありません。
そのため、アリの通り道に、人工甘味料をおいても、アリは群がりません。

人工甘味料は、私たちの舌(した)に甘く感じるように作られています。
が、アリにとっては違います。人間とアリとでは、甘さを感じる仕組みが違うのです。

アリは、舌だけでなく、触覚(しょっかく)の先や口ひげなどの感覚器を総動員(そうどういん)して味を感じます。

また、人工甘味料というのは、人間が合成して作ったもので、もともと自然界には存在しないものです。
自然のものだけを食べているアリにとっては、そもそも「食べ物」とは感じないのです。

参考にしたサイト
全国こども電話相談室[いきもの]
http://www.tbs.co.jp/kodomotel/animal/0115.html

Posted in 雑学 | Leave a comment

バーゲンで、粗悪品をつかまされないコツは?

バーゲン

洋服のバーゲンで、いい品物を選ぶコツは、その商品の性格をいかに見極めるかにかかっています。

それでは、何を見極めればいいのか。
肝心(かんじん)なのは、その商品が最初からバーゲン専用に作られたものか、それとも、ふつうの商品から回されたものかどうかを見分けることです。

もちろん、バーゲン専用品のほうが、素材、縫製(ほうせい)ともにかくだん品質が低いはずです。

が、ごった返したバーゲン会場で、あれこれ検討している余裕はありません。いかにして、素早くいい品物かどうか見分けるか、これに尽きます。

一番手っ取り早いのは、スペアボタンや端切れ(はぎれ)がきちんとついているかどうかをみることです。
ふつうの売り場から回ってきたものならば、これらがきちんとついているはずです。
一方、最初から安売りが目的で作られたバーゲン専用品ならば、このあたりで手を抜いている場合が多いのです。

バーゲンの魅力は、何といっても、いい品を安く手に入れることができること。
せっかくバーゲン会場まで入って、苦労して手に入れたのに、実は最初から安売り用に作られた商品をつかまされたというのでは何にもなりません。

また、要注意点は、ワゴン販売している商品です。
これらは、特に値段が安く、バーゲンの目玉商品になっていることが多いですが、それだけに最初から全部バーゲン品だったりするので、注意を要します。

もちろん、ねらったバーゲン品は、雨が降ろうが、槍(やり)が降ろうが、必ず初日に行くこと。
そして、開店と同時に売り場に直行です。

Posted in お役立ち情報 | Leave a comment