塩分を適度にとる人の方が低血圧だった?

高血圧 減塩

高血圧や、脳卒中(のうそっちゅう)の敵ということで、すっかり嫌われてしまった塩分。

「塩は、とらなければとらないほど体に良い」と信じ、食卓から徹底的に塩を排除(はいじょ)した人もいるようです。

この”嫌塩”に警鐘(けいしょう)を鳴らしたのが、東京医科歯科大学の難治疾患(なんちしっかん)研究所の田中平三教授の研究報告です。

この研究所で、40代の男女2300人を調べたところ、今までの常識とは逆に、”塩分を多くとっている人の方が、かえって血圧が低い”ことが分かったというのです。

また、高塩分なのに低い血圧のグループに入る人たちの食生活について、さらに詳しく調査した結果、塩分を多くとっている人ほど食事のバランスが良く、牛乳を多く飲み、アルコールは控えめで、適度な運動をしていたといいます。

つまり、塩分のとりすぎはいけませんが、極端に嫌うと、逆に食生活のアンバランスを招いてしまう。

塩分を気にして、味気ない食事をするのではなく、いろいろな物をバランス良く食べて、食生活を楽しむゆとりをもつことが大切なのです。

参考にしたサイト
必ずしも塩分を多くとるから高血圧になるとは限らない? | ねころび鍼灸道
http://nekorobi.info/archives/59

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*