プロに負けない千切りキャベツをつくるには?

千切りキャベツ

トンカツのつけ合わせといえば、ご存知千切りキャベツです。
ただひたすらキャベツを切るだけの、実に単純な料理です。

が、これを家庭でつくるとなると、これが意外と難しい。
でき上がりがシナッとしてしまい、トンカツ屋さんのキャベツのように、なかなかシャキッとしません。

千切りキャベツに、このような”シャキット感”を出すためには、当たり前ですが、まず新鮮なキャベツを使うことが必要です。

が、八百屋から買ってきたばかりなのに、たまにキャベツの外側の葉がいたんで、ヌルヌルしていることがあります。
こんなときは、いたんだ葉をいさぎよく捨ててしまい、中心のいい部分のみを使うようにします。

千切りキャベツは、おいしく作ろうと思えば、結構ぜいたくな料理なのです。

また、冷蔵庫のすみでしなびてしまったキャベツにも、”蘇生法(そせいほう)”があります。
キャベツを千切りにしたあとで、冷たい水に2~3分つけておくのです。
このようにすると、一流の洋食屋顔負けのシャキッとした仕上がりになります。

しかしながら、水につけすぎるのは禁物。
せっかくのビタミンCが、流れ出てしまうからです。

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*