とんかつのつけ合わせの定番、千切りキャベツの前は温野菜だった?

とんかつ

1897年(明治32年)、銀座にある老舗洋食店「煉瓦亭(れんがてい)」が、日本で最初にとんかつを出しました。

当時の日本は、生野菜を食べる習慣がなかったため、つけ合わせは温野菜でした。

日露戦争のとき、つけ合わせ担当の若いコックが召集(しょうしゅう)されて人手が足りなくなったため、すぐにできる千切りキャベツをつけ合わせにしたところ、これが好評で、千切りキャベツはとんかつのつけ合わせの定番として定着していきました。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*