シャンプーは、使わない方がハゲないって本当?

ハゲ

加齢とともに抜けていく髪の毛。
朝、目が覚めるたびに、枕を見て絶望する。…ハゲの悩みは切実です。

頭皮から分泌された皮脂(ひし)が、毛穴に詰まることがよくないと聞き、髪を1日何度も洗っている方もいるのではないでしょうか?

そんな方にとってはあまりにも衝撃的かも知れませんが、シャンプーを使いすぎると、かえってハゲるのです。

頭皮には、皮膚常在菌(ひふじょうざいきん)がいて、保護膜を作り、皮膚を外界の菌や刺激から守ってくれています。
が、シャンプーの強力すぎる洗浄力は、皮膚常在菌ごと、この保護膜をすっかり洗い流してしまいます。
その結果、髪の毛は潤(うるお)いをなくし、さまざまな皮膚トラブルを引き起こします。

シャンプーの歴史は意外と浅く、1960年頃に始まったようです。
それ以前は、髪は櫛で梳(す)くことはあっても、あまり髪を洗うという習慣はなかったようです。

江戸時代に描かれた浮世絵には、髪を洗っている絵がありますが、日常的な光景ではなかったようです。
せいぜい髪を梳いて油をつけるとか、洗っても月に1、2度くらいだったそうです。

シャンプーは、本当に必要なものなのでしょうか?

参考にしたサイト
ハゲたくなければシャンプーはするな!【女性も必見】 http://matome.naver.jp/odai/2134533823032157201

 

This entry was posted in お役立ち情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*