ビートたけしは、つまみ枝豆に800万円のベンツをプレゼントした?

ビートたけし
写真は、こちらからお借りしました。

コメディアン、漫才師、映画監督と、多彩な才能を世界中で絶賛(ぜっさん)されているビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし、1947年 -))。
今日は、そのビートたけしの、ちょっといい話です。

たけしは、あるとき、たけし軍団のラッシャー板前が引っ越すと聞き、

「ラッシャー、引っ越しするんだって?欲しいもんあるか?」

と質問しました。
ラッシャー板前が、

「殿、洗濯機が欲しいっす」

と答えると、数日後、引っ越し先に大きな荷物が届きました。
大喜びで開けてみると、中にはタライと洗濯板が入っています。

ラッシャー板前は、

「これはたけしさんにやられたな」

と苦笑しながらタライの裏を見ると、100万円入った封筒がついています。
そして、その中には、

「コレでいい洗濯機買え!」

と書かれた手紙が同封(どうふう)されていたそうです。

同じく、たけし軍団のつまみ枝豆が運転手をしていたときのことです。
運転中に好きな車の話になり、たけしに、

「枝豆、お前乗りたい車ってあるか?」

と聞かれました。
つまみ枝豆が、

「そうですね~。やっぱりベンツですかね」

と答えたところ、その翌日にたけしから、

「これ持ってけ」

と、クシャクシャの紙袋を渡されました。
枝豆が、

「これなんですか、殿」

と答えると、たけしは、

「800万。これでベンツ買ってこい。欲しいと思ったものは思った時に買うのが一番いいんだ」

といいました。
いきなりの大金に驚いた枝豆は、1週間考えた後、お金をたけしに返しました。
そして、

「殿、やっぱり受け取れません。自分で働いて自分で買いたいです」

といいいました。
するとたけしは、

「お前ならそういうと思ってたよ」

といいました。

また、「アリtoキリギリス」がまだ世に出たばかりで、まったく売れていなかった頃のことです。
ある日彼らが外食をしていると、お店の人が、

「たけしさんも来てますよ」

と教えてくれました。

が、アリtoキリギリスの2人は、

「俺たちの事を知っている訳ないだろう。挨拶(あいさつ)に行くのもおこがましい」

と、挨拶は控えてしまいます。

ところが、帰ろうと勘定(かんじょう)に行くと、

「お代は たけしさんから頂いてます」

といわれました。

当時、まったく無名だったアリtoキリギリスは、当然ビートたけしと仕事で絡むことなどありません。
これは、ひと言お礼をいわなくてはと、店を出たばかりのビートたけしを追いかけました。
そして、発車しかけていたロールスロイスをとめ、

「お会計していただきありがとうございました!」

と、頭を下げました。
すると、ビートたけしはパワーウィンドウを開け、いいから、いいからという感じで、

「あんちゃん達が有名になったらオイラを使ってくれよ」

といいました。

参考にしたサイト
ビートたけしさんのいい話、または、感動する話があれば教え… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100608050

 

This entry was posted in ちょっといい話. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*