鬼太郎は、墓場に埋葬された目玉おやじの女房から生まれた?

あの目玉親父から、どのようにして鬼太郎は生まれたのでしょうか?
母親は、一体誰なのでしょうか?

ゲゲゲの鬼太郎
 ゲゲゲの鬼太郎
写真は、こちらからお借りしました。

鬼太郎の母は、既に亡くなっています。
鬼太郎の両親は、「幽霊族(ゆうれいぞく)」という大変に歴史の古い種族の最後の生き残りでした。
そして、鬼太郎の母親は、鬼太郎がまだお腹にいるときに死んでしまったのです。
鬼太郎は、埋葬(まいそう)されたその母親の死体から生まれ落ち、土を掘り破って自力で外に這(は)い出してきたのです。

鬼太郎の父親である目玉親父は、今は目玉だけですが、元はちゃんと体がありました。
が、不治(ふち)の病である「溶ける病」にかかり、息子の誕生を見ることなく、やがてドロドロに溶けて滅(ほろ)んでしまいました。

が、我が子を心配する親心が奇跡を生んだのか、溶けた体からこぼれ落ちた目玉が、意思を持って動き出したのです。鬼太郎の父が、魂を自分の左目に移して復活したのです。それが「目玉親父」の誕生です。

参考にしたサイト
漫画「ゲゲゲの鬼太郎」 あの目玉親父からどのようにして鬼太郎が生まれたのですか? 母親は誰ですか?一人っ子?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114789781

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*