「ゲゲゲの鬼太郎」の原題は、「墓場の鬼太郎」だった?



墓場鬼太郎 第一集

水木しげるの描いた、「ゲゲゲの鬼太郎」のオリジナルのタイトルは「墓場(はかば)の鬼太郎」で、鬼太郎は怠(なま)け者で性格も悪く、無免許運転をするわタバコを吸うわで、現在のキャラクターとはまったく違っていました。

1968年(昭和43年)に、この「墓場の鬼太郎」がアニメ化されることになった際、子供向けのアニメに「墓場」はよくないと「ゲゲゲ」に変えられ、同時に、そのキャラクターも妖怪(ようかい)を退治(たいじ)する正義の味方に変えられました。

ちなみに、この“ゲゲゲ”というのは、水木しげるの子供の頃のあだ名「ゲゲ」から取られたものです。
「ゲゲ」の由来については、幼少時の水木しげるが、自分の名を上手く言えず、「げげる」と発音していたことに由来します。

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*