「ど根性ガエル」の歌を歌っていたのは、お笑いコンビ「とんねるず」だった?

作者、吉沢やすみ氏による、シャツに張りついたピョン吉と、そのシャツを着たヒロシがドタバタ劇を繰り広げる国民的ギャグ漫画「ど根性ガエル」。

ど根性ガエル
ど根性ガエル
写真は、こちらからお借りしました。

正確には、「新・ど根性ガエル(リメイク版)」の方ですが、オープニング、エンディングテーマともに歌っていたのは、お笑いコンビの「とんねるず」でした。


新ど根性ガエルOP ピョン吉・ロックンロール/とんねるず

とんねるずは、石橋貴明(いしばし たかあき)と木梨憲武(きなし のりたけ)の2人からなるお笑いコンビ、音楽デュオです。
とんねるずは、1980年に結成されましたが、1981年にこのテーマ曲の歌手として大抜擢されました。
この曲で、とんねるずは歌手としてもデビューすることになります。

これは、デビュー間もない「とんねるず」としての、最初の大きな仕事であったと思われます。

とんねるずはその後、1984年12月に発売した「一気!」(一気飲みブームを巻き起こす)を皮切りに、音楽活動の方も本格化していきます。

そして、とんねるず自身最初のオリコンTOP10入り(5位)となった「雨の西麻布(あめのにしあざぶ)」で、歌手としての知名度もぐっと上がり、ランキング上位の常連となっていきます。

ちなみに、「ど根性ガエル」の主人公のヒロシは、いわずと知れたドラゴンボールの「孫悟空(そんごくう)」の声で、ピョン吉の方は、ドラえもんののび太のママ(初代)の声です。

参考にしたサイト
とんねるず – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/とんねるず

 

This entry was posted in 漫画・アニメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*