種類一覧

高級魚の代名詞・「マグロのトロ」は、江戸時代は捨てられていた?

現代において、マグロは高級魚の代名詞。なかでも、脂(あぶら)の乗った「トロ」は大人気で、脂肪分の多さによって、大トロや中トロなど、何種類にも分かれているほどです。しかしながら、江戸時代はマグロと言えば「赤身」であり、脂が多くて鮮度が低いトロは、寿司の種類の中で最も安い部位で、捨てられることも多かったといいます。

トランプカード1組が、「13枚×4マーク」でできているのは何故?

トランプは、同じマークが13枚で構成されています。13という数字は西洋では不吉な数で、しかもトランプは、この数がご丁寧にも4種類で1組となっています。何故このような縁起の悪い枚数で構成されているのでしょうか?その理由は、ズバリ、トランプが1年を表わしているからです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告