由来一覧

なんと、長野の「八十二銀行」は足し算で生まれたものだった?-「十九銀行」+「六十三銀行」=「八十二銀行」

名前に数字のつく銀行は、「ナンバー銀行」と呼ばれますが、「第八十二銀行」は少し事情が異なります。というのは、この銀行名、「第十九銀行」と「第六十三銀行」が合併する際、「足し算」でつけられたものだからです。

運動会のときに万国旗を振るのは何故?

「小学校の運動会に万国旗が登場したのは明治20年代で近代五輪の始まる前。博覧会で万国旗が掲げられた装飾手法が、同じように人の集まる場所にも持ち込まれた」。「装飾手法」ということは、つまりは「華やかなイベントの象徴」という意味合いと思われます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告