静止衛星は、何故止まっていられる?

人工衛星 静止衛星

静止衛星(せいしえいせい)とは、高度約36,000キロメートルの赤道上空を、毎秒約3キロメートルで回る衛星のことをいいます。

この高さで地球の周(まわ)りを回ると、その周期(しゅうき)がちょうど地球の自転(じてん)周期と同じ24時間となります。
そのため、この衛星を地上から見ると、常に「静止」しているように見えます。
それで、静止衛星の名があります。

なので、文字通り、空中で静止しているわけではありません。
正確には、「静止しているように見える」衛星なのです。

この静止衛星は、気象(きしょう)衛星や通信(つうしん)・放送衛星などに、広く使われています。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください