女性向けのデザインに「カーブ」が多いのは何故?

アイドル風の 少女

少女特有の「丸文字」というのがあります。
時代によって多少の違いはありますが、一定の年齢になると、女子生徒の多くが似たような丸文字を書き始めます。

が、これは誰かに教わったからというわけではなく、成人を過ぎると、今度は丸文字を書く女性はほとんどいなくなります。

しかも、女の子たちに、

「どうして丸文字を書くの?」

と聞いても、明快な答えは返ってきません。
というより、実は彼女たちにも、その理由がよく分かっていないのです。
そのため、

「だって、可愛いじゃん!」

としか、答えられないのです。

一方、成人女性にも同じ心理はあります。
女性が好む定番デザインである花柄、ハートマーク、リボン、水玉模様などは、何故これらのデザインが好きなのか、その理由を聞いてみると、

「可愛いんだもん」

という答えしか返ってこないでしょう。
つまり、女性は、このように「カーブ」を描くようなデザインを本能的に好むのです。

それでは、何故女性は、このようなカーブの多いデザインが好きなのでしょうか?

この理由は、ふたつ考えられます。
まずひとつは、女性にとって、直線や先のとがったもの、カドのあるものは「凶器(きょうき)」とうつることがあるためです。
男性に比べて腕力の弱い女性は、たとえ鉛筆1本でも、顔に向かって突きつけられると、恐怖を感じるものです。
なので、無意識のうちに構えてしまうのです。

その点、曲線はなだらかで平和的なイメージをもっているので、受け入れられやすいといえます。

ふたつめは、女性の体が型から胸、ウエストからヒップ、足にいたるまで、すべてのラインがなだらかなカーブを描いていることです。
こんなところも、女性が本能的に曲線のデザインを好む理由といえそうです。

いずれにしても、女性の「カーブ」好きは、本能の領域。
女性をターゲットにした商品を開発する際には、

「だって、可愛いんだもん」

といわれるような、丸みを帯びたデザインを考える必要があります。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*