人は「指紋」で、牛は「鼻紋」で識別する?

牛 和牛

人間は、個人を識別するのに「指紋」が使われています。
何故ならば、周知の通り、指紋は一人ひとり違うからです。
この指紋は、主に霊長類(れいちょうるい)だけがもつ特徴です。

それでは、人間以外の場合はどうなのでしょうか?

面白いところでは、牛には「鼻紋(びもん)」と呼ばれるものがあります。
鼻紋というのは、牛の鼻先にある特有の皺(しわ)のことで、人の指紋と同様、1頭ずつそれぞれ異なっており、一生変わることがありません。

血統などの証明を必要とする和牛などは、ほとんどの場合において、子牛が生まれると1頭ずつこの鼻紋を採取して、この部紋で固体識別をしています。

鼻紋
鼻紋

牛を識別する方法としては、他には耳標(じひょう、=耳に付ける標識)を付けるというものもあります。 

耳標をつけた 牛
耳標を つけた 牛

しかしながら、耳標の場合、 人為的、または引っかかって取れてしまうことがあるため、最終的な固体識別の判断には、あくまでも鼻紋が使われています。

ちなみに、ホルスタイン種の場合は、鼻紋は使われておらず、白黒の模様で判別しています。
何故なら、ホルスタイン種の場合には、白黒の斑紋で容易に識別できるため、鼻紋を採取する必要がないのです。

参考にしたサイト
鼻紋(びもん) | Bikki Farm( 下北牧場 )のホームページ
http://www5.omn.ne.jp/~bikki/2000jun.htm

 

123This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*