世界一短い手紙を書いたのは誰?

世界一短い手紙を書いたのは誰でしょうか?

それは、フランスのロマン主義の詩人・小説家、ビクトル・ユーゴー(Victor-Marie Hugo、1802年 – 1885年)です。

ビクトル・ユーゴー
ビクトル・ユーゴー
写真は、こちらからお借りしました。

ビクトル・ユーゴーは、当時バカンス中でしたが、1862年に出版したばかりの小説『レ・ミゼラブル』の売れ行きが心配になり、出版社に手紙を書きました。
そして、そのときの文面が、面白いことに、白い用紙の真ん中に、

「?」

でした。

彼は、この一字で、

「本の売れ行きはどうですか? とても気になっています」

という気持ちを表わしたわけです。

すると、間もなく出版社から返事が届いたのですが、それもまたたったの一字で、

「!」

でした。これはつまり、

「すごい人気です! おめでとう!」

というわけです。

何ともシャレた手紙の往復ではありませんか。

ちなみに、これとは反対に、世界一長い手紙を書いた人は誰かというと、ギネスブックによれば、イギリスのアラン・ホフマンさんが妻のジャネットさん宛てに2年がかりで書いた英語の手紙で、語数は140万2344語です。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*