井上ひさし一覧

ペンネームに苦労した井上ひさし?-この名前に落ち着くまでのエピソードあれこれ

作家・井上ひさしといえば、おそらく知らない方はいないでしょう。一度聞いたら忘れられないような、インパクトのある名前です。しかしながら、この名前に決まるまでに、当人はずいぶん苦労したようです。もともと、井上ひさしの「ひさし」は「廈」という字でした。

「ひょっこりひょうたん島」の子供たちは、実は死亡していた?

1964年4月6日から1969年4月4日にかけて、NHK総合テレビで放送された人形劇「ひょっこりひょうたん島」で、ひょうたん島で生活している子供たちは、実は火山の噴火に巻き込まれて死亡しています。つまり、この劇は、死後の世界を描いているのです。2000年9月に山形県川西町・遅筆堂文庫生活者大学校で行なわれた「ひょっこりひょうたん島」講座で、原作者の一人である井上ひさしが、制作当時から秘密にしていたこととして明かしたものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告