トロ一覧

高級魚の代名詞・「マグロのトロ」は、江戸時代は捨てられていた?

現代において、マグロは高級魚の代名詞。なかでも、脂(あぶら)の乗った「トロ」は大人気で、脂肪分の多さによって、大トロや中トロなど、何種類にも分かれているほどです。しかしながら、江戸時代はマグロと言えば「赤身」であり、脂が多くて鮮度が低いトロは、寿司の種類の中で最も安い部位で、捨てられることも多かったといいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告