ハチの巣房は、何故六角形?

ハチの巣を良く見てみると、きっちりと六角形の部屋(巣房)が並んでいます。

一体ハチは、どうしてそのような大工さんのようなことができるのでしょうか?

ハチの巣
ハチの巣
写真は、こちらからお借りしました。

正確に言えば、ハチの巣房はすべて六角形というわけではありません。
六角形の巣房を作るのは、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチなど、たくさんの仲間と社会生活を営むハチのみです。

これらのハチが、あたかもものさしで測ったように、同じ大きさの六角形を並べることができるのは、頭にある2本の触覚を、実際ものさしとして使っているからだといわれています。
巣作りの材料であるミツロウが、六角形になりやすい性質をもっているのもその一因です。

また、実はこの六角形という形にも大切な意味があります。
例えば円や八角形では、並べると隙間ができて無駄な部分ができますし、かといって三角形や四角形では、隙間なしに詰め込むことはできても、六角形と同じ面積を占めようとすれば、辺の長さの合計が六角形よりも長くなってしまいます。

六角形は、最も少ない材料で、最も大きな空間を作り出すことができる合理的な形というわけなのです。
そしてハチは、本能的にそのことを知っているのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*