トランプの絵札の意外なモデルたちとは?-実は錚々たるメンバーだった!

トランプをする女性

最近の子供たちの遊びといえば、ファミコンや携帯型ゲームばかりで、見向きもされなくなったトランプですが、昔は子供の遊びの必須(ひっす)アイテムのひとつでした。

その絵札には、ジャック、クイーン、キングの3種類があり、ダイヤ、ハート、スペード、クラブの4種類を掛けあわせると、全部で計12枚あるわけですが、それらには、それぞれ大物のモデルがいることをご存じでしょうか?

まず、キングの皆さんですが、これはもう世界史を代表する、まさに『王様の中の王様』ぞろいです。
何しろ、ダイヤ、ハート、スペード、クラブの順に、アレキサンダー大王、ダビデ王、カール大帝、シーザーなのです。
錚々(そうそう)たるメンバーではありませんか。

次に、ジャックの皆さんを見れば、こちらは泣く子も黙るような歴戦の勇士ぞろい。
ダイヤのジャックは、ギリシア神話に登場するトロイ戦争の英雄ヘクトール、クラブのジャックはアーサー王伝説の中で最高の騎士と謳(うた)われたラーンスロット、スペードのジャックは西ローマ帝国皇帝カール大帝の十二勇士のひとりに数えられるオジェ、といった具合です。

さらに、クイーンの奥方(おくがた)たちもすごいことになっています。
例えば、スペードのクイーンはギリシア神話の女神パラスですし、ダイヤのクイーンは旧約聖書に出てくるヤコブの妻ラケルです。

トランプ 一組

トランプは、こういった世界史一流の人物を模(も)したデザインのカードだということを知れば、カードゲームにも自然に気合いが入るかもしれません。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*