なんと! サッカーで149点差がついた試合があった?

サッカー

サッカーであれ野球であれ、チームの実力の差は「得点差」に現われるものです。
が、以前サッカーのトップリーグで、「0対149」という信じられない得点差が記録された試合があります。

この試合が行なわれたのは、アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル。
2002年10月31日のアデマ(ADEMA)対エミルネ(SOE)の試合で、4日前のPKでの審判(しんぱん)の判定に抗議するため、監督が選手たちにオウンゴールを入れまくるように命じました。

そして、キックオフから終了のホイッスルが鳴るまで、選手たちは90分間にわたってオウンゴールを継続。
この未曾有(みぞう)の出来事に、対戦相手は、なすすべもなく、呆然(ぼうぜん)とこの様子を見守るしかなかったといいます。

この試合は、0対149で終了となり、実に、36秒に1点を敵に与えた計算となります。

参考にしたサイト
サッカー史上最大の点差が付いた試合はどの試合ですか?教えて下さい。 – プロの… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1460131029

 

This entry was posted in バラエティー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*