「君が代」は、実はヘブライ語で書かれていた?

君が代 国旗

私たちの国家である「君が代」の歌詞には、一種の違和感を覚える人が少なくありません。
その理由のひとつが、不可解な歌詞です。

例えば、「細石の巌」「苔のむす」など、一般に使われていない難しい表現が含まれており、また「君が代」の意味がふた通りにとれるということも、議論を醸(かも)し出しています。

「君」という文字には、「あなた」という意味と「君主」という意味があります。
そのため、「君が代」は、一般庶民をさした「あなたの代」、もしくは「天皇の御代(みよ)」いずれの意味にもとることができ、意味が不透明です。

また、「苔のむすまで」という表現が、はたして「天皇の御代」の永続性を語るにふさわしい美しい言葉の響きを持つかどうかについても、疑問が残ります。

しかも「君が代」の歌詞には、口ずさむだけで不思議と伝わってくるユダヤの響きがあります。
ヘブライ語で神を意味する「ヤ」、「ヨ」という発音が「千代に八千代に」というフレーズに3度も繰り返されているだけでなく、「チヨニ」という言葉の発音は、ヘブライ語では「シオンの民」を意味する言葉に酷似しています。

また、ヘブライ語で救いを意味するish、「イシ」や、ヤーウェーの神を象徴する「イワ」、また物事が成就することを意味する「ナリッテ」など、ヘブライ語と思われる言葉も散見されます。

そして、これは単なる錯覚や妄想ではなく、驚くべきことに、一見日本語で書かれた「君が代」の歌詞は、最初から最後まで、一貫した意味を持つヘブライ語で書かれていたのです。

つまり、「いろは歌」と同様に、「君が代」は傍目には日本語で書かれているようであっても、その文脈にはヘブライ語で別のメッセージが秘められていたのです。

日本語 ヘブライ語 ヘブライ語の意味
君が代は クムガヨワ 立ち上がる
千代に テヨニ シオンの民
八千代に ヤ・チヨニ 神・選民
細石の サッ・サリード 喜べ・人類を救う、残りの民として
巌となりて イワ・オト・ナリァタ 神・予言・成就(じょうじゅ)する
苔の生すまで   コ(ル)カノ・ムーシュマッテ  全ての場所・語られる・鳴り響く

  【君が代の本当の意味】

立ち上がれ、神を讃(たた)えよ!
神の選民 シオンの民!
選民として 喜べ!
人類に救いが訪れ!  
神の予言が成就する!
全地あまねく 宣(の)べ伝えよ!

参考にしたサイト
ヘブライ語で読む君が代-日本とユダヤのハーモニー http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=171
君が代の歌詞に隠された・・・預言?(その1)-不況対策!個人でも有効な方法http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp/column/post_170.html/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告