魚は性転換するって本当?

カクレクマノミ

人間は、「男」と「女」の2種類に大別できます。
そして、この両者の間には、越えられない高い壁が存在します。
しかしながら、これはすべての生物に当てはまるというわけではないようです。

魚類は、何と約8割が性転換します。
特に、珊瑚礁(さんごしょう)に棲(す)む魚はその傾向が顕著(けんちょ)で、300種類以上もの魚が性転換するようです。

たとえば、映画「ファインディング・ニモ(Finding Nemo)」で有名なカクレクマノミも、性転換する魚です。

群れをつくるクマノミ類は、最も大きな固体がメスとなり、2位がオスとなり、3位以下は性別すらありません。
そして、1位のメスがいなくなると、2位のオスがメスになります。

そのため、クマノミ類においては、母親不在の状況は本来あり得ません。
その場合は、父親が母親に性転換するのですから…。

 

123This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*