高層ビルのクレーンは、どうやって降ろす?

クレーン 屋上

昭和43年に、日本で初めての高層ビルである霞ヶ関(かすみがせき)ビルが完成してから、間もなく50年を迎えます。
新宿副都心には、その後高さ100メートル以上という超高層ビルが林立するようになりました。
狭い土地の有効利用という観点からみれば、高層ビルはこれからも増え続けるものと思われます。

さて、建設中の高層ビルを見ると、その高い屋上部分に巨大なクレーンが乗っていることがあります。
もちろん、このクレーンは完成すれば撤去(てっきょ)されるわけですが、あの高さから、あの大きなものをどうやって降ろすのか、疑問に思う方も多いことでしょう。

実は、これはそんなに難しいことではないのです。

まず、巨大クレーンの近くに、ひとまわり小さいクレーンを組み立てます。
次に、そのクレーンを使って、巨大クレーンを解体(かいたい)し、その部品を地上に降ろします。
この作業をもう1度繰り返します。

最後のクレーンは、解体後に人の力でエレベーターに乗せられ、地上に降ろされます。

クレーンの 解体 搬出

参考にしたサイト
クライミングクレーンの知識-一般社団法人 日本クレーン協会
http://www.cranenet.or.jp/tisiki/kuraimingu.html

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*