香取り線香は、かつては棒状だった?

蚊取り線香

蚊を退治(たいじ)してくれる強い味方、香取り線香。
この蚊取り線香は、今は渦巻き型をしていますが、かつては棒状でした。

香取り線香が誕生したのは、今から120年前の1890年(明治23年)のこと。
初期の蚊取り線香は、仏事で使用するお線香のノウハウを使って作られました。
そのため、棒状だったのです。

世界初の棒状の蚊取り線香
 蚊取り線香 棒状
写真は、こちらからお借りしました。

しかも、その長さは約20センチほどだったため、40分もすれば燃え尽きてしまい、また、細かったために何本も同時に焚(た)かなければならず、使い勝手が良いとはいいがたいものでした。

そこで開発されたのが、現在普及している渦巻き型の蚊取り線香です。
そして、この形状のヒントとなったのが、なんと、とぐろを巻いたヘビだったといいます。
その後、開発を進めるうちに、うどん状の素材を2本並べて丸める「ダブルコイル」方式が誕生しました。

ちなみに、現在の一般的な蚊取り線香の長さは、75センチです。
この長さだと、1本で7時間半ほどもつようです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*