酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなるのは何故?

飲み会 アルコール

1杯飲んだ夜の帰り道に、ラーメン屋の前を通りかかると、無性にラーメンが食べたくなります。
これは、何故なのでしょうか?

実はこれ、「エタノール誘発性空腹時低血糖」と呼ばれる症状なのです。

アルコールが体内に入ると、肝臓が解毒・分解を始めます。
肝臓は、寝ている間や食事をしていないときに、糖を分解する役割がありますが、酒を飲むと、アルコールの解毒・分解作業に追われ、糖を分解できなくなります。

そのため、飲酒後は、血糖値が下がってしまうのです。

ラーメンの小麦粉でんぷんは、腸でグルコースという糖に分解されて、吸収されます。
飲酒後は、体がこの糖を欲しているのです。

また、飲酒後に雑炊(ぞうすい)やおにぎりなどを食べたくなるのも、同様の理由で、血糖値を上げるためなのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください