赤ワインのグラスが、白ワインのグラスよりも大きいのは何故?

レストラン 赤ワイン

レストランなどでワインを注文すると、赤ワインと白ワインのグラスの大きさが違っていることがあります。
これは、何故なのでしょうか?

赤ワインには、白ワインよりも大きめで口径(こうけい)も広いグラスが用いられます。
これは、赤ワインには、空気に触れる面積が大きいほど、香りがよく立つという特徴があるためです。

つまり、赤ワインの場合、香りをより楽しむためには、容量的に余裕をもった大きさのグラスが必要なのです。

「ボクたちの前途を祝して、乾杯」 カチッ!
ワインで 乾杯する ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

一方、白ワインには、やや小ぶりでボールが細めのグラスが使われます。
これは、白ワインには、空気に触れると味が変わりやすいという特徴があるためです。

そのため、注いだときの表面積を小さくするために、赤ワインとは逆に小さめのサイズになっているのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください