自転車が倒れないのは、人間が運転しているからだった?

自転車に 乗る 少女

自転車は、スタンドを使わない状態では、すぐに倒れてしまいますが、乗り方をマスター人が運転していると倒れません。

何故、自転車は倒れずに走ることができるのでしょうか?

人が運転している自転車が倒れない理由は単純ではありませんが、その最大の理由は、人間の平衡感覚(へいこうかんかく)と運動神経にあります。
自転車の重心が左に移動しそうになったら体を右に寄せ、右に倒れそうになったら体を左に寄せます。
そして、倒れそうになったら、ハンドルを倒れそうな方向に向けているのです。

このように、”体重の移動とハンドルの操作で、絶妙なバランスをとることで、自転車が倒れるのを防いでいるのです”。

また、自転車の安定性には、遠心力も寄与(きよ)しています。
高速で回転しているコマが倒れないのと同じ原理(ジャイロ効果)が働いているのです。

コマは、各部に働く遠心力が、軸を地面に対して垂直に立てるように働き、倒そうとする力を吸収してしまいます。
自転車の車輪をコマに見立てるなら、自転車はコマが横につけられて走っていると考えられます。
そのコマが高速で回転すると、車体は垂直方向に安定します。

つまり、車体が倒れにくくなるのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*