聴診器は、若い女性の鼓動を聞くために発明された?

聴診器を発明したのは、19世紀のフランス人医師ルネ・ラエンネック( René-Théophile-Hyacinthe Laennec、1781~1826)です。

当時、内科の診察では、医師は患者の胸に直接耳を当てて、心臓の鼓動を聞いていました。

あるとき、ラエンネックは、心臓病の患者を診察しましたが、とても若い女性だったため、患者の豊かな胸に耳をつけることができませんでした。

そこで、筒状にしたノートの一方の端を患者の胸に当て、もう一方の端を自分の耳に当てるという方法を思いつきました。

これが、聴診器の発明の瞬間です。

ラエンネックのつくった聴診器は、以下の写真が示すように、1本の筒形の木でできた単純なものでした。

ラエンネックの聴診器
ラエンネックの聴診器
写真は、こちらからお借りしました。

その後、この初期型の聴診器は何度も改良が加えられ、現在の形となりました。

ちなみに、1816年9月13日がその記念日となっており、聴診(Auscultation)とは、ラエンネックの造語で「注意深く聞く」という意味のラテン語「auscultare」が元になっています。

聴診器の発明-医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院
http://www.shin-toku.com/others/column/vol002.html

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*