水洗トイレの考案者はイギリスの詩人?

水洗トイレ

日本では、ほとんどの家のトイレが水洗式になっていますが、この水洗トイレを最初に考案したのは、何とイギリスの詩人でした。

1585年、イギリスエリザベス朝の詩人サー・ジョン・ハリントン(Sir John Harrington)は、著書「アイアスの変身」の中で、水洗トイレの発明について詳細に述べています。

ハリントンは、自分の考案した推薦トイレを職人につくらせ、まず自分の邸宅に設置しました。
このトイレは、魚の泳いでいる水槽から水を貯水容器に引いた後、便座のハンドルを引っ張ってバルブを開くと、水が下の汚水溜めに流れ落ちるという仕組みになっているもので、これは現代の水洗式トイレと比べても、何ら遜色(そんしょく)のないものでした。

ハリントンの設計で、実際に作られた水洗トイレは、彼自身のものと、もうひとつはエリザベス女王の命令でリッチモンド宮殿に設置したふたつだけでした。

ハリントンの水洗トイレの発明は、彼の並み外れた清潔好きからきているようです。

当時の宮廷人たちは、入浴はめったにせず、衛生に非常に気をつかったといわれるエリザベス女王でさえ、月に1度しか入浴をしなかったといわれています。
が、ハリントンの方は、毎日お風呂に入っていたというのです。

お風呂に毎日入るということは、今から考えると当然のことのようですが、当時としては、清潔好きどころか、それを通り越して病的だとも思われたようです。
清潔好きのハリントンには、トイレに入ったあと、汚物がそのまま残っていることは耐えられなかったのでしょう。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください