毛皮製品が、生きた動物から剥ぎ取ってできるって本当?

毛皮を着る 女性

保温性はもちろん、見た目の豪華さや美しさなどから、多くの人に愛されている毛皮製品。
しかしながら、それがどうやって作られているのか、実感している人は少ないのが現状です。

ある日のこと、韓国のテレビ局SBSが「TV動物農場」という番組で、中国の残忍(ざんにん)な毛皮産業の実態を放送し、その内容が世界中で大きな反響を呼びました。
なんと、中国の一部では、動物が生きたまま皮を剥(は)がされているというのです。

報道された番組の中で、タヌキは棍棒(こんぼう)でめったやたらに殴られ気絶したあと、すぐに皮を剥がされていました。
その方が、皮も剥ぎやすく、艶(つや)が残り高品質な皮になるというだけの理由で…。

動画では、皮を剥がされたタヌキが、皮のない自分の体を見たあと息絶える姿も記録されていました。

同番組ではさらに、年間4000万匹の動物たちが毛皮のために死んでいく、残酷(ざんこく)な現実をも告発しています。

当時、この番組を観たある女性歌手が、「毛皮映像を見た。母と共に今後、毛皮を絶対に着ないことにした」とコメントし、「考えのある芸能人」と褒(ほ)め称えられました。
しかし彼女は、数ヶ月もたたないうちに豪華な毛皮コートを掛けてイベント会場に現れ、叱責(しっせき)を受けました。

安価で高品質な毛皮製品。
しかしその裏には、悲惨な現実があったのです。

参考にしたサイト
【韓国】中国の毛皮の実態をTV放映 | 地球生物会議ALIVE
http://www.alive-net.net//world-news/wn-fur/97-1.htm

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*