日本一短い川はどこ?

ぶつぶつ川

熊野古道(くまのこどう)や熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)などのある、世界遺産の町として知られる和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)那智勝浦町(かつうらちょう)。
この町は、日本一の落差を誇る那智大滝があることで有名ですが、近年もうひとつの日本一が加わり、話題となりました。

それは、同町の粉白地区(このしろちく)を流れる「ぶつぶつ川」です。

ぶつぶつ川 起点

上記2枚の写真は、こちらからお借りしました。

長さがわずか13.5メートルというこの短い川は、2008年(平成20年)10月21日に2級河川に指定されたことで、法で指定されている1級河川、2級河川、そして市町村が管理する準用河川(じゅんようかせん)の中で、日本一短い川に認定されたのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください