日本で最長を記録した渋滞の長さはどのくらい?

渋滞 高速道路

年末年始やゴールデンウィークなどに、自動車で帰省(きせい)したり旅行したりする際、非常に気になるのが高速道路の渋滞情報です。

せっかくの大切な休日に、数十キロにも及ぶ渋滞に巻き込まれたりしたら、楽しいはずのドライブが、ぶち壊しになってしまうからです。

ところが、過去において、数十キロどころではない、いわば超弩級(ちょうどきゅう)クラスの渋滞が起こったことがあります。
それは、1995年(平成7年)12月27日に起こった、滋賀県の名神高速・秦荘(はたしょう)パーキングエリアから、愛知県の東名高速赤塚パーキングエリアにかけて発生した、154キロにも及ぶ渋滞です。

この154キロというのは、ほぼ東京・静岡間に相当する距離です。

この渋滞の原因は、当時愛知県内で猛威(もうい)を振るっていた豪雪(ごうせつ)のためで、渋滞が解消されるまでに、23時間も要したといいます。

なお、日本最長記録となったこの渋滞は、現在のところ破られていません。

参考にしたサイト
高速道路の渋滞の名所・ポイント・場所の一覧 | いちらん屋
https://ichiranya.com/society_culture/033-traffic_congestion.php

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*