大阪と京都だけに「府」がつくのは何故?

京都 花見小路
京都 花見小路

現在、「府」が使われているのは、大阪府と京都府だけです。
しかしながら、1868年(明治元年)には、10ヶ所の「府」が存在しました。

そもそも、この「府」には、一体どのような意味があるのでしょうか?

「府」というのは、軍事・政治の拠点(きょてん)や大都市を意味する言葉です。
明治政府が、幕府直轄地(ちょっかつ)地の中でも重要な拠点を「府」とし、直接管理したことがその始まりでした。

ただ、翌年には、

「京都、東京、大阪以外は府と呼ばない」

という内容の太政官(だじょうかん)布告を発令。
さらに東京府は、太平洋戦争中に、東京市と統合して東京都となりました。

そして戦後は、地方自治体の施行で、「府」の立場は「都」「道」「県」と対等となり、その名称だけが引き継がれることになったのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*