大人が子供用の切符で入場する不正をチェックするのは、駅員の目視が頼り?

自動改札口

自動改札口は、利用者が投入した切符の情報を瞬時に読み取り、料金・区間・時間を判断して不正がないかをチェックします。
しかしながら、改札を通る人間が大人なのか子供なのかは、機械が判断することはできません。

それでは、大人が子供用の切符を購入して、自動改札機を通ろうとした場合はどうなるのでしょうか?

実は、そうしたチェックは、駅員の目視によって行なわれています。
子供用の切符が自動改札機に挿入されたとき、改札機の上部についているランプが点滅します。
そのランプがつくと、駅員は改札を通貨した人物を確認します。

つまるところ、人間の目が頼りなのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*