夕陽が赤く見えるのは何故?

 

夕陽

夕方になると、夕陽が赤く見えます。
これは、何故なのでしょうか?

色が太陽光は白色光といい、虹の7色(赤、橙(だいだい)、黄、青、藍(あい)、紫)が混じり合ってっできたものです。

この7色の光は、大気中に浮かぶ空気の分子に当たると拡散(かくさん)されますが、特に波長の短い光がより強く散らばります。
そして、空中に散らばった最も波長の短い色である青の光が、私たちの目に入ってくるために、空は青く見えるのです。

一方、赤い光は波長が長いために散らばりにくく、より遠くまで届きます。
夕陽が赤く見えるのは、夕方の太陽光が大気中を通るときの距離が、真昼間の真上からに比べて長くなった結果、赤い光だけが拡散されずに私たちの目に届くからなのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*