地下水が、おいしいといわれるのは何故?

地下水

空から降ってくる雨というのは、一見きれいに見えますが、実はそれほどきれいなものではありません。
いろいろな不純物が含まれています。
大気汚染物質が含まれている可能性だってあります。

一番多いのが、海水のしぶきからくる塩化ナトリウム。
砂塵(さじん)からくる珪酸(けいさん)アルミニウムも、ほぼ同量含まれています。

それに、空中を漂うバクテリアや臭気性(しゅうきせい)ガス、生物の死骸(しがい)から出てくるアンモニア。
そして、工場や自動車の排気ガスから出てくる煤(すす)や、また、石油や石炭を燃やして出る硫黄(いおう)や窒素酸化物(ちっそさんかぶつ)などもあります。

こうやって並べてみると、水などとても飲む気にはなれません。

しかしながら、この水が、”しっかりとした生態系(せいたいけい)をもつ、健全な山野に降ると、土のろ過作用によって、ずっかりきれいになるのです”。

それだけではありません。
ろ過される際に、土の中のカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分を適当に分けてもらい、高級なミネラルウォーターに変身します。
つまり、”おいしい水”になるのです。

これは、河川の水を水道水にするときと原理は同じです。
が、地下水の場合、何年も土の中を通過するため、しみ出てくるまでに、非常に長い時間がかかります。
数年から数十年、あるいは数百年以上かかることもあります。

これが、地下水は山の恵みといわれるゆえんです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*