古代ギリシャの女性たちが、美しくなるためにしていたこととは?

古代ギリシャ 神

人間の欲望というものは、1000年や2000年ではそう変わりません。
男性は、女性にモテたい、女性は、男性にきれいに見られたいと思うものです。

これは、古代ギリシャの女性たちもしかりで、たとえば、彼女たちは、自分の肉体を美しく見せるために、以下のようなことをしていました。

まず、ヒップの周りは、ガードルをしめてお尻を持ち上げます。
さらに、オッパイはたすきのような細いバンドを、肩から回して持ち上げます。
実は、このオッパイバンドこそ、ブラジャーの元祖といわれています。

ただし、このようなオシャレは処女にのみ許されていました。
古代ギリシャの詩人ホメロスは、「乙女のガードルをほどく」と書いていますが、結婚初夜には、花婿は花嫁のガードルをほどき、オッパイバンドを切りほどくのが儀式でした。
なんとも色っぽいというか、初々しいというか…。

しかしながら、結婚した女性は、こうした工夫は行なわず、オッパイもヒップもなるべく目立たないようにしていました。
つまり、既婚者の方が慎み深かったのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*