千葉県の房総半島にある九十九里浜は、本当は十六里しかない?

千葉県の房総半島(ぼうそうはんとう)にある九十九里浜の長さは、約六五キロメートルです。
一里は約四キロメートルなので、本当は十六里ちょっとの長さとなります。

九十九里浜
九十九里浜
写真は、こちらからお借りしました。

それでは、名前と実際の長さに、何故これだけ大きな隔(へだ)たりがあるのでしょうか?

実は、1876年(明治9年)以前は、地域によって、一里の長さが異なっていました。
その際は、「一里=約六五五メートル」で測定されたため、九十九里となったのです。

 

This entry was posted in 雑学. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*